“所有欲”を異常に
満たしてくれるクルマ

<Happy Used Cars>

もう一台は『フィアット・パンダ・アレッシィ』である。2代目パンダ(ニューパンダ)は2003年に登場。初代のコンセプトと異なり小型MPV風のスタイルに一新されていた。これは、このクルマがもともとパンダではなく『ジンゴ』として用意されていたからだ。しかし改めて2代目パンダを見てみると、時代に合わせた必要最小限な実用車という意味では初代パンダの哲学をしっかり継承していることに気づく。そのパンダに2006年に追加されたのが『アレッシィ』だった。

アレッシィとはご存知の通りイタリアのキッチン用品メーカーで、ポップでオシャレなデザインで有名。パンダ・アレッシィはニューパンダの上級グレード『マキシ』をベースとしたコラボモデルで、最大のポイントは明るく陽気な内外装だ。オレンジ、黄緑、黒と白を組み合わせた3パターンのボディカラーにオレンジ、黄緑のインテリアを組み合わせ、ポップなパンダの魅力をさらに引き出していた。コラボ車ながら限定版ではなく、カタログモデルとして販売されたことも面白い。

機関的には至っては普通のニューパンダで、1.2リッター直4SOHC+セミA/Tのデュアロジック。最高出力は60psしかないし、ギアもちょっとギクシャクする。だけどそんなことはこの陽気な雰囲気が全部消してくれる。見るだけで、乗り込んだだけで心ウキウキ、気分は上々になれるのだから。パンダ・アレッシィも新車で売れた台数、残存数ともに絶対的に多くない。チューコ車市場では一桁台の流通が確認できる程度だ。

では、どうしたら“他人と被らないクルマ”を見つけることができるのだろうか。筆者の経験では、「そういうクルマが集まる店を常にチェックしておく」、「面白いクルマが来たら教えてもらうよう、店に声をかけておく」、「常に、レア車が出てこないか中古車やネットオークションの情報をチェックしておく」ことだと思う。今回の2台を扱っているエスパートの鶴岡さんも「ウチにはこういうクルマが集まってきます(笑)」と語る。市場価値はつきにくいが、マニアや知っている人から見たら垂涎モノのクルマは、手放す際、普段からレア車が集まっている店に問い合わせるのである。自分も309はまさにそんな店に張っていたアンテナに引っかかったクルマだし、手放す時もやはりレア車が集まる店に相談したい。すると、もし手放した時は、その店には僕の激レア309が並ぶのだ。新しい「他人と絶対に被らないクルマが欲しい」人のために。「他人と被らないクルマ」は楽しい。街中で視線が自分の地味ぃ~なクルマに向かっている時は、その相手に「むむ、お主、できるな!」とシンパシーを感じたりする喜びもある。変態さん、というこの手のクルマ乗りには最高の称号ももらえる(笑)。ただしあまりにレアすぎると匿名性がなく、「昨日、◯◯にいましたよね」と言われることもあるので要注意!(笑)。

しかし、レア車だとパーツの入手や維持には多少の困難もある。なので信頼できるショップや主治医は探しておいたほうがいい。そういう意味でも専門店は心強い存在だ。

見て乗るだけでも
心ウキウキ、気分上々!

アレッシィの特徴はこのボディカラー。ボディ下部を白に統一し、上半身のオレンジを引き立たせている。
バンパーモール、ホイールセンターを黒にして全体を引き締めるセンスは、さすがアレッシィといえるもの。
見ただけで気持ちが明るくなるインテリア。前オーナーの上手なモディファイにより、ステアリングの上下部分にはオレンジの革がセンス良くあしらわれている。
アレッシィはオレンジ、黄緑、黒の外装色に合わせて内装もコーディネートされている。オレンジにはオレンジ内装が、黄緑と黒には黄緑内装が組み合わされる。
リアシートもオレンジで、車内は陽気な雰囲気。リアウインドーは手動式となる。
ラゲッジスペースはさほど広くないが、シートは分割可倒式で、乗員数によって収納力を上げることができる。
エンジンはノーマルの2代目パンダと同じ1.2リッターSOHCファイアユニットを搭載。
上部に“人”がいるアレッシィ専用ホイールキャップ。これもデザイン上のアクセントになっている。
ルーフレールはホワイトにペイント。標準でツインサンルーフ「スカイドーム」を備える。

SPECIFICATION
FIAT PANDA ALESSI
全長×全幅×全高:3535×1590×1570mm
ホイールベース:2300mm
トレッド(F/R):1370/1370mm
車両重量:960kg

エンジン:直列4気筒SOHC
総排気量:1240cc
最高出力:60ps/5000r.p.m.
最大トルク:10.4kg-m/2500r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
タイヤ(F&R):155/80R13

1 2 3