ジェイオート

スペシャルショップ紹介

500E/E500を日本一取り扱うW124への熱意

ジェイオートの店内にズラリと並ぶ、メルセデス・ベンツ500E/E500。その取り扱い量は日本一と言えるほどで、全国各地から問い合わせが寄せられる。

ジェイオートの成り立ち

W124に心酔し、いつしか専門店へとシフト

“環状八号線の瀬田交差点近くのベンツ屋さん”と聞いて、ピンと来る方も多いかもしれない。1996年からこの地でメルセデス・ベンツやAMGのスペシャリストとして活躍、特にW124型500E/E500関しては日本一と思われる取り扱い台数を誇るのがジェイオートだ。

「メイド・イン・ジャーマニーの部品の塊だったのは、W124まででした。技術者が理想を追求して、自分たちの作りたいものを作ったのはこの時代までだと思うんです」

そう語るのはジェイオートの松本秀典代表。開店当時はその頃にブームだった丸目のEクラスを中心に扱っていたが、徐々に先代にあたるW124のほうがいいクルマであると惚れ込み、W124専門へとシフトしたという。

「最初に280Eを購入して心酔しました。こんなにいいクルマが世の中にあるのかと。自分で乗るまで、正直わからなかったんです」

現在も500Eを個人的に所有するが、初めて購入した時の感激が忘れられない。

「自分のアシで使い始めると、そのよさが染み入るように伝わってきました」

自分で所有することで熱意が生まれそれをお客へと薦めるようになり、現在へと至っている。

環状八号線沿いに位置するジェイオート。この外観とガラス越しに見えるメルセデスたちに見覚えのある方も多いだろう。

ジェイオートの強み

W124を知り尽くした、20年以上に渡る経験値

新車から20年以上を経たクルマを今も愛用できるのは、W124 特有の”3〜5万kmくらいの何ともいい感触”が、ボディさえしっかりしていれば、メンテナンスでちゃんと復活することだと松本代表は語る。

「皆さん、こんなにいいクルマがあるとは思わなかったと仰います。中には40万kmのオーナーさんもおられ、何万kmまで続くが試してみたいです(笑)」

もちろん年数ならではの苦労もある。

「部品は以前と比べて手薄になってきておりまして、在庫のないオフィシャルパーツも出始めました。代用品でしのいだり、生産終了したウッドパネルは日本国内でリペアをできる体制を整えたりして対応しています。しかしメルセデス・ベンツはパーツにすごく恵まれていますね。価格もほとんど変わっておらず、逆に一部パーツは下がったほどです」

開店当時より、今となっては当たり前の”メーターの怪しいクルマや事故車は扱わない”ことをポリシーとしてきた。「ごまかして売るのがイヤなんです」と松本代表。そして同じスタンスを貫いてきたら、自然と現在の形になったそうだ。そしてそんな20年以上の間に積み上げた経験が、専門店として信頼を集めているのである。

前期型となるメルセデス・ベンツ500E。

後期型ではE500と呼ばれている。

ジェイオートの人々

お客様の情熱が続く限りお店を続けていきたい

ジェイオートの松本代表は、20歳の頃にアルバイトでE500リミテッドと出会っている。車両運搬をする中で、E500の日は当たりだと思っていたそうだ。その頃よりずっと所有し続けているのが、S30型の日産フェアレディZだ。

「もう30年以上所有していますが、500Eと同じくらい愛しています(笑)。最近は行っていませんが、富士スピードウェイ専門で走っていました。自分でバラシていまして、触ったことがないところはありません。これはいじるための盆栽みたいなものですね」

そんな松本代表に趣味は? と問いかけてみた。

「これは冗談ではなく、やはりクルマですね。古いクルマだけが好きなのではなく、新しいクルマも大好きです」

もちろん500Eも所有する。

「どの500もおしなべていいですが(笑)、所有するのは1992 年式500E6.0です。サンルーフレスに変えてある個体で、36kg 軽いので、結構な違いが出ますよ。これで最後までいきたいと思っています。お店のほうも、お客様の情熱が続く限り、続けていきたいですね」

ジェイオートが扱う、オリジナルのホイール。

通りを挟んでショールームの向かい側にあるファクトリー。2基のリフトを備え、メンテナンスを行う。当日作業を見ていたら、その手際のよさに驚かされた。聞けば元シュテルンの工場長ということで、納得である。

ファクトリーにはインジェクターの洗浄機を備えるが、これを常備しているお店は珍しい。洗浄を行うと低中速のレスポンスが向上し、アイドリングが安定するという。

パーツも豊富にストックしドイツを始めネットワークもしっかりしているので、W124のメンテナンスでお困りの場合は、相談してみるといいだろう。

PHOTO/佐藤亮太

Shop Information

ジェイオート

東京都世田谷区瀬田3-2-1
 
FAX:03-5716-4599
営業時間:9:00〜18:30
定休日:月曜日

E-MAIL:info@jauto.co.jp